読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れるためのなぐりがき

短編小説や、映画・アニメの感想を書いています。

いんなーなんちゃら

(5/14 追記)

五月病だね」
「……そうだね」

解決。

▼実写版『美女と野獣』は、商業的にもポリコレ面でも、100点満点に違いない映画だったが、つまらなかった。POV暴力映画に異常な情熱を傾けちゃった監督による『ハードコア』の方が、100000倍くらい好きだし、凄い価値があると思う。

▼一方、「手作り品は往々にして自己満足に陥りやすい危機があり、然るべき研究開発費を投じて作られた工業製品のコスパの良さこそ、功利主義的に善」っていう、もしかしたらちょっと気持ち悪いかもしれない嗜好は、相変わらずだ。例えば、「家に冷蔵庫が無くても、近所にコンビニがあるなら、コンビニを冷蔵庫代わりに使えばいい」……って思ってしまうので、”高円寺”に住む必要性を、やっぱり感じられない(最近、たまたま高円寺のパン屋巡りに付き添った。概念としての高円寺)。だから逆説的に、海外版と比べた時の、日本版のダサい映画のポスターは、大嫌い。工業製品には頑張ってほしいし、工業製品の分野で頑張りたい。

▼「ある集団で、落ちこぼれとされていた側面が、別の団体では重宝される」……っていう体験をした。よっぽどぶっ飛んだ強者じゃない限り、能力の価値は相対的なもの、なのかな……(考えてみたら、誰かの役に立って初めて、能力って言えるのかもしれない)。具体的には、「あなたは要領を得ないというか、つまり頭が悪いよね」って、あまりに言われ続け、私自身「その通りだな……」ってずっと思っていたのに、近頃「発言に無駄が無い」「わかりやすい」「説得される」と言われることが多く、「え?」と戸惑う。今いる場所で相対的な強みを伸ばしていった先に、私にとっての『ハードコア』に出会えなかったら。毎日、そのことだけが、とっても怖い。この歳で出会っていない時点で、既に何かが手遅れだっていう恐怖が常にあって、でもそうやって恐怖に囚われているうちは一生『ハードコア』には出会えないんだろうなって、尊敬する先輩たちは、行動で語り続けてくる。

▼こうやって、面倒で無意味な物思いに囚われているのが好きで、結局は自分中心で、思いやりが無い人間じゃないかって、久しぶりに前のバイト先を訪れたり、あるいは4月以降に会った人たちとの交流する中で、たまに自分が嫌になる(こんな文章を書いている間に、振られた役割を黙々とこなす同期がいる)。
童話の「幸福な王子」みたいに、周囲に淡々と自分を配る、利他的な人に、なりたい……。