読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れるためのなぐりがき

短編小説や、映画・アニメの感想を書いています。

自作短編「トランプ」

ショートショート

「失礼、手品はいかが?」
「いいわ、ちょうど退屈してたの。」
「この中から1枚引いて、僕に見せないように覚えて。…今から、あなたが引いたカードを当てます。」
「当たったら、一杯おごるね。」
「よーし、それは頑張んないとな! あなたが、引いたカードは、と……このカード?」

ダイヤの2。

「……い、いいえ。」
「え?! じゃ、じゃあ、こっちかな?」

スペードのジャック。

「……それも、違うわ。」
「うっそー?!参ったなぁ。一体、どれだ……?」

ばぁー。

男がぶちまけたトランプは、絵柄が全てハートの4になっていた。

「すごい!本気で失敗しちゃったのかと思ってた!いつの間にか、トランプを丸ごと変えたのね。」
「おいおい、『変えた』はよしてよ。僕は魔法いさ」
「あっはっは、童貞なの? なんちゃって。」

男は下を向いた。
恋の魔法は、下手なようで。