読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れるためのなぐりがき

短編小説や、映画・アニメの感想を書いています。

今週のアニメ

おそ松さん、ポケモン僕だけがいない街ルパン三世石膏ボーイズ、昭和元禄落語心中の今週の感想です。

※一部ネタバレしてます。

 

  • おそ松さん 第21話「麻雀/神松」

毎回「見た後、思わずツイートしたくなる」ようなネタ性に溢れてるのが、本当にすごいと思います。

前半はア○ギばりの本格麻雀シーン、後半は神松役で野島さん、悪松役で杉田さんが登場。エンディングのスタッフクレジットでも遊ぶなど、抜かりがありません。神ネタは二次創作で人気ジャンルの1つでもありますので、そこまで汲んでいたら、怖ろしい限りです……。

6人が家でわちゃわちゃしているのを久しぶりに見れたのが、嬉しかったです。

 

  • ポケットモンスターXY&Z 第17話「サンダーとオンバーン!怒りの雷撃!!」

「町に薬を届ける」ミッションに次々と難題が襲い掛かってくる……という、シンプルなドラマでした。

……が!!!過去作に登場したポケモン、それも伝説のポケモンが、こうやって普通に登場してしまうと、初代ポケモンファンとしては、どうしてもザワザワせざるを得ず、いまいちノリきれず……。『ルギア爆誕』のサンダーとは、どうやら別個体みたいですけどね。サトシが「サンダー初めて見た!」ってリアクションを取っているのも、悲しかった。サンダー祭りも結局どんな祭りかよくわかんなかったし、無理にサンダー出さなくてもいいんじゃないか?と、ちょっとモヤモヤしてしまいました。まぁ、20歳過ぎた「大きなお友達」など、製作サイドは視聴者に想定してないと思うんで、いいんですけどねw

オンバットオンバーンに進化をしたところはアツかったです!しかも、師匠ルチャブルを助けるためっていうのが泣かせます。 あんなに可愛かったオンバットが、こんなに勇敢になって……。主題歌をBGMにしながら進化する演出はアニポケの定番ですが、やはり素晴らしかったです。

 

原作未読です。

ミステリーとして先が読めないドキドキと、「30歳(?)の意識のまま小学生にタイムスリップする」展開のワクワクで、毎週面白いな~と思いつつ、「悪い人がいたせいで、不幸な事件が起こった。だから悪い人を懲らしめなきゃいけない」という勧善懲悪的な世界観が、薄っぺらい気がして好きになれずにいました。犯人探しが主題のミステリーに、こんなケチをつけるのは野暮ですが……。

だから、佳代を虐待するお母さんについても、これまでテンプレ的な「クズな母親」としてしか描写されていなかったのが気になってたんですが、今回ようやく「お母さんがそうなっちゃったのにも理由がある」というのを説明してくれたので、そこはよかったです。(でも「結婚した男がDV男で……」と、これまた「DV男のせい」にしちゃってるんですよね。うーん……)

完全な善玉として描かれていた担任の先生に、ちょっと不審なところがあった(車の中に飴がたくさん隠されていた!)のに、ザワっとしました。まさか、先生が犯人なの……?!来週も気になります!

 

ルパンに追いつけないレベッカと、レベッカのお転婆を治せないロブが、それぞれ自分を受け入れる話として、楽しみました。

「また遊ぼうぜ~!」と去ってくルパンも、傍観者に徹しつつ最後にちょこっとルパンにちょっかいを出す不二子ちゃんも、かっこよかった!

 

  • 石膏ボーイズ 第9話「ウルカヌスの鍛冶場」

今週、1番面白かった!

ミラちゃんとマルスが自宅デートをしているところを写真に撮られてしまい、スキャンダルをもみ消すために、リーダーのジョルジョがみんなに内緒で身体を売る、というお話でした。まさか「後悔してる?」「……(無言で泣くジョルジョ)」というカットで終わるとは……。楽しいCパートもありましたけど、「ジョルジョがみんなのために身体を売った」っていうのには変わりませんので、笑えない後味が最高です。

こういう、「みんなのために自分を犠牲にして頑張るんだけど、その功績が誰にも知られず、報われない英雄」のお話、個人的に大好きです(そんな重い話ではないけど笑)。『石膏ボーイズ』で、こういうビターな話やるとは……って意外性もあり、めっちゃツボでした。

脚本は横手美智子さん。サブタイトル「ウルカヌスの鍛冶場」は、「マルスが不義を働いた」くらいの意味で、使われたんでしょうか。

 

菊比古が噺家として順調に成功していく一方、みよ吉と助六は人生がとうとう転がり落ち始めましたね……

個人的には、助六落語協会のどういうところに不満を持っているのかという具体的なエピソードや、助六の落語が他の噺家と比べてどう違うのかという描写が欲しかったなぁ、とは思いました。

林原さんの呪ってやる!の演技がすごかったです。